MENU

永続的な交際を期待

職業上、異性と出会う機会の少ない自衛隊員の人たちは、若いうちから出会いサイトを利用する人が多いです。

 

 

とはいえ、利用者すべてが真面目で永続的な交際を期待しているわけではありませんから、注意しておきましょう。

 

 

交際に発展するかどうかはともかく、メール交換を重ねていくと特殊な業種ならではの事情もわかってきて楽しいという声も聞かれます。

 

 

自衛隊に興味があったり、交際してみたい人は試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、男性からメールでアプローチしてみても多くが無視されてしまいます。

 

 

それに、女性から連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。

 

 

しかし、例外もあります。

 

 

例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、連絡は途絶えません。

 

 

ただメールが欲しいならばプロフィールに嘘を書くこともできますが、実際会った時に嘘が発覚して結局自分の首を絞める事になるでしょう。

 

 

一時期の勢いには及ばないとはいえ、スマホアプリのモンスト人気のおかげで、mixiというSNSを使って、彼氏や彼女ができた人もいます。

 

 

日記などの情報によって互いの理解を深めることが可能で、共通のコミュニティでの交流後、オフ会で仲良くなり、お付き合いを始めるようなこともあるかもしれません。

 

 

でも、恋の相手を探したいのだったら、mixiより出会い系サイトを使った方が成功率は高いかもしれません。

 

 

自分のプロフィールを登録することは、出会いサイトでは軽視してはいけないところです。

 

 

知人の紹介で会うわけではないですし、プロフィールとメッセージに頼らざるを得ません。

 

 

プロフィールを登録するときの注意点というと、基本的には、ですます調でていねいに、第三者に自分という人間をわかってもらうように書くことです。

 

 

趣味が合うのは大事なことですが、あまり深く掘り下げて書いても、相手も身構えてしまうので、ほどほどにするのがコツです。

 

 

出会い系サイトを利用していると、信じられないような出来事に遭遇することがあります。

 

 

滅多にあることではありませんが、現実社会での知人と、出会い系で出会ってしまったという話を聞いたことがあります。

 

 

恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですから特に心配はないと思います。

 

 

しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、面白がって知り合いがサイトに登録すると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。

 

 

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。

 

 

出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、仲良くなれる気がしませんか?ですので、出会い系サイトのプロフィールには少しでも興味のあることや関心があることを書いておいて方がチャンスが広がります。

 

 

とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。

 

 

確かに、マニアックなものは引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。

 

 

しかし、一方では、マニアックな趣味は同じ趣味を持っている人が少ないため、共通する話題が持てるとして仲良くなりやすいと言えます。

 

 

出会い系(サイト、アプリ)を利用するのは遊び感覚というイメージが一人歩きしているようです。

 

 

でも、普通に交際できる相手を探しているユーザーも少なくありません。

 

 

業務上の出会いが少ない人、理数からIT系に進んで女性との交際に疎い人なんかも少なくないです。

 

 

理系の人は堅いと言われますが、リアルで対面すると意外ににこやかだったり、深い心配りのある人が多いです。

 

 

私の知っている人の中で、セミナーで出会って結婚したカップルがいます。

 

 

そのセミナーの後に行われた懇親会で仲良くなってお付き合いしたのだとか。

 

 

テーマに興味がなければセミナーには行きませんし、共通点があったのでしょう。

 

 

そんな出会いが私にもあればいいですけど、偶然に期待するより確実性が高い出会い系サイトを使った方が直接話す前にある程度の情報も得られますから、どちらかというと、出会い系サイトでの出会いの方が自分には合っているような気がします。

 

 

英会話や写真教室などが出会いのきっかけという男女もいますが、そんな目的で習い事を始めても、周囲は恋愛に興味がなくて自分だけが浮いてしまったりなんてことになって当然です。

 

 

不特定多数が来る場にいるからといって、恋を求めているとは限りませんから、見込みが甘かったというほかないでしょう。

 

 

異性と親しくなりたいのであれば、最初から出会いをサポートするアプリや出会い系サイトなどに頼ると、時間を無駄にしなくて済みます。

 

 

最近は、ネットのコミュニティーやゲームのオフ会に参加して恋人が出来たという人も珍しくありません。

 

 

しかし、本来が出会いの場ではない場所で異性を口説く人は、出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。

 

 

オフ会に参加した人は、フリーであるという保証はないので、恋人探しの場としては良くないでしょう。

 

 

恋人がほしくてネットで相手を探すのならば、余計な遠回りをせずに出会い系サイトで似たような趣味の相手を見付けるのが成功率も高いですし、迷惑もかからずお互いにとって良い選択だと思います。

 

 

友人とその交際相手が出会いの仲介となるケースは多いですが、それには異性のツテの多い友人が必要です。

 

 

紹介したい気持ちがあっても、断られたり都合がつかなくなったときに、紹介を約束させられてしまうと、悪いことはしていなくても会いにくくなるものです。

 

 

向こうから申し出てくれるのでなければ、例えば出会い系サイトを使うなど自力で頑張れば、いままでの交友関係を維持できて、気持ちも穏やかでいられると思います。

 

 

当然ですが、婚活女性からの人気が高い公務員は、ネットの出会い系でも同じく花形の職業です。

 

 

出会い系サイトで婚活を行っていて、本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、将来的な安定感のある公務員は憧れの相手なのだと思います。

 

 

一見、メリットしかないような公務員の出会い系サイト利用ですが、プライベートな情報はなるべく隠して行動しないと、個人を割り出されるケースがありますので、気を付けてください。

 

 

多くの人が感じていると思いますが、長文メールはたいていの女性がいやがることが多いです。

 

 

実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、相手に引かれてしまわないよう、短文過ぎず長文過ぎない適切なメールを送るようにしましょう。

 

 

その一方で、相手の女性の返信が極端に短いものしか来ないというケースでは、サクラの可能性が高いため、注意深くなる必要があるでしょう。

 

 

ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合はキャッシュバッカーに気を付けましょう。

 

 

それというのも、女性によっては、交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。

 

 

こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。

 

 

キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、機械による自動返信の不自然さもないので見破りにくいです。

 

 

判断のポイントとして、どれだけやり取りを繰り返しても関係が進展しないようであれば、深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。

 

 

クラス会で友人に誰か紹介してくれと言ったら、どういうコネでか合コンを設定してくれました。

 

 

嬉しかったです。

 

 

ただ、場の雰囲気は悪くなかったのに、こちらの連絡先を渡そうとしたら、はぐらかされてしまいました。

 

 

さすがに若くないので、合コンみたいなノリもどうかなと思っていたところです。

 

 

今後は出会いを専門にしたサイトなどに絞っていくつもりです。

 

 

実はお酒もあまり強くないですし、こちらの方が素の自分でいられて、いいかもしれません。