MENU

しかしそれに伴って出会い系でトラブル

最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。

 

しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。

 

中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。

 

成人済みの男性にとって、もっとも巻き込まれる危険性の高い犯罪といえば、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになるケースがほとんどです。

 

一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。

 

サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまい相手の思うままの場所へ連れ込まれたという手口がよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。

 

出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、私の経験では、危ないと感じたことはありません。

 

直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまではプライバシーにかかわる情報(本名や住所など)は伏せておき、カフェやファミレスなど人の目があるところで待ち合わせればそこまで危険なことは起こらないと思います。

 

でも、車に乗ってどこかに行く話が出た時は断った方が良いですし、日が落ちてから会うのも絶対に止めてください。

 

出会い系サイトはきちんとした安全意識を持って利用することで、良い出会いの場になると思います。

 

旦那さんとの出会いがナンパだったという友達もいるにはいますが、それはレアケースで一晩だけの付き合いに終わる可能性が高いものです。

 

初めて会った人の車に乗るなんて、無謀極まりないことですし、アルコールの摂取も避けたほうがいいです。

 

ナンパはいつも無視するんですが、携帯で出会い系サイトを使って男の人と会った経験はあります。

 

昼間にカフェで会えば危険もなく、誠実な人に出会えることもあるので、使い方次第では有用でしょう。

 

ひと月ほど前、サークル仲間からスタートして付き合った彼氏と終わってしまったのです。

 

失恋の傷を忘れようと出会い系サイトに登録したら、意外なくらいたくさんのメールがきたので、5人の男性と何度かコミュニケーションをとって趣味が合うと思えた人とお会いしました。

 

別れた彼氏よりもステキで、元カレのことなんてどうでもよくなりました。

 

電車やバスでの出会いがきっかけの恋というとマンガのようでワクワクしますが、現実は厳しいです。

 

いいなと思っていた相手を駅や車内で呼び止めて、連作先を受け取ってもらえたとしても、そのあとで期待するような反応を示してくれるケースは少なく、避けられることもあります。

 

それよりは、出会い系サイトを利用すればリアルに会う前にメール交換もでき、最初から双方が出会いを期待しているので、交際に発展しやすいのです。

 

最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。

 

その相手とはすごく意気投合して深い関係になったと言っていました。

 

ですが、何か月か付き合った時に相手の方が既に結婚した既婚者だということが発覚したそうなのです。

 

真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感からかなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。

 

ただ遊び相手を探しているなら初めからそう書けば良いのに、いかにも出会いを探している独身のようなフリをしてサイトに登録しているのは本当に卑怯です。

 

同じ趣味の異性と知り合いたいと思って勢いテニススクールに通い始めたものの、自分が行く時間には受付以外に若者がいなかったという悲しい事態もあるみたいです。

 

自分にピッタリの異性と出会うなら、大手の出会い系サイトなどを活用するのも、ありですよね。

 

同じ趣味の人を見つければ、いずれ二人でおそろいのウェアでテニスを楽しむという理想も現実になるでしょう。

 

インターネットのコミュニティやゲームのファン同士が、実際に交流する集まりにオフ会があります。

 

こういった集まりで交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。

 

オフ会の参加者はフリーであるという保証はないので、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。

 

むしろ、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が成功率も高いですし、迷惑もかからずお互いにとって良い選択だと思います。

 

男女の出会いの手段は多数存在しますが、手軽で意外と成功率が高いのが出会い系サイトです。

 

ただ、サイト選びは慎重にしないと、サクラしかいなくて、実際には出会えないとか、自分に合った異性が探し出せないこともよくあります。

 

みた瞬間、アダルトな印象を受けるような出会い系サイトだと、真剣に恋人を探している人はちょっと利用しづらいため、避けた方が無難です。

 

モバゲーを頻繁に使っている時期もありましたが、どうにも出会い厨が多いので、機種変をきっかけに利用しなくなりました。

 

異性と出会いたいと思ったら、より確実性の高い出会い系サイトを利用しますから、こっちにその気がないのに声をかけられるのは嫌な気持ちになります。

 

この先、SNSを使いたいと思ったら、性別非公開か男性で登録したいと思います。

 

その方が面倒がなさそうです。

 

いわゆる、大手と言われる出会い系サイトでは、サイトが出会いの場として機能しているかという点については信頼性が高いと言えます。

 

しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。

 

大手サイトは利用者が多いぶん、詐欺師や悪徳業者、不倫相手探しの既婚者なども混ざっているのです。

 

出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。

 

実際に出会いまで進展しても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

 

合コン以外の出会いの形として、異性の親睦を目的とした旅行イベントなどもあると聞きますが、会ったこともない人たちと長時間過ごすことに不安を感じるといったナイーブな方も数多くいらっしゃいます。

 

初対面の異性なら、なおさらですよね。

 

だったら出会い系サイトだったら、最初はメール交換から始まりますし、旅行よりリラックスしてできるように思います。

 

プロフィールのことや、メールで書いた日常の出来事などの話題があれば、初めて会ったときも話しやすいです。

 

ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、好みの女性を見付けた男性がメールしてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。

 

また、女性側が男性のプロフィールをみてメールしてくることも、そうそうあることではありません。

 

とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。

 

それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。

 

その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの沢山のメールをもらえると思います。

 

それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、実際会った時に嘘が発覚して面倒な事になるかもしれません。

 

恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのも良いかもしれません。

 

意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、相性の良い友達が見つかったという人もいるのです。

 

とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、交際相手が見つかっても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。

 

恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、出会い系サイトはお勧めできません。

 

フェイスブックに出会いを求める人もいるようですが、登録が実名なのでお互い神経を使いますし、こちらの個人情報もオープンになるので、どうかと思います。

 

一方、出会い系サイトでは特に本名を告げずにメール交換できますし、お互いに匿名であることから、純粋な興味で付き合うことができるわけです。

 

共通の知人がいて名前が知れていて、facebookで更に親交を深めるというのでなければ、匿名の出会い系サイトの方が良いでしょう。

 

フラレたときの風評被害もありません。

 

お勧めの出会い系サイトは、トップページに!!