MENU

ネットのやり取りだけで

出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。

 

ここ最近はオタク趣味の方ほど女性の人気が高いです。

 

女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで付き合いはじめるというケースもあります。

 

オタクであることを誤魔化して出会い系で彼女を探しても、嘘をつくことになって結局上手くいかないでしょう。

 

プロフィールには正直にすべてを載せて自らオタクだということをアピールすれば、付き合う時にオタク趣味を続けることが出来ます。

 

ネットを使う上でネットリテラシーは大変重要ですが、出会い系サイトにおいても簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が多くなり、問題視されるようになりました。

 

以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、開示する情報は必要最低限にしましょう。

 

特に危険なのは、身分証明書の扱いです。

 

迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。

 

簡単に言えば、ネットのやり取りだけで相手を信用しないことが大切だということです。

 

直接会ってみて信用できると判断するまでは、警戒心を忘れず、詳細なプロフィールは教えないように心がけましょう。

 

運動嫌いの私は、異性との出会い目的でジムに入会しましたが、7割くらいが私よりも二回りくらい年上で彼氏にしたいような男性とすれ違っても、いきなり話しかけるのはハードルが高くて、先延ばしにしているうちに行くのをやめてました。

 

月額制のお金だけが銀行口座から落ちていくのが惜しいですし、スポーツジムで出会えるかもとか期待しないで、もっと直接的に出会い系サイトを使うつもりでいるのです。

 

上手に出会い系サイトを利用するための裏ワザを紹介します。

 

例えば、相手とそこそこ親しくなったけど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。

 

または、会いたいのに二人のタイミングが合わないこともあります。

 

そんな時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?通話料が負担になることもなく、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。

 

ここで一つ注意点なのですが、相手が通話映像を録画して悪用する恐れがあるため、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が良いと思います。

 

立ち飲みで意気投合とかって流行ってるみたいですね。

 

でも、行きずりの恋で済んでしまうことが多く、せいぜい2回目で「違うな」と気づいて終わるのだとか。

 

それに実際、立ち飲みでナンパOKという感覚も今後を考えると心配になりませんか。

 

残業の多い職種とか平日休みの人などは出会い系アプリやサイトに頼っているようですし、本気で恋愛したいと思うなら、同じ気持ちで利用している人の多い出会いサイトの方が良い出会いがありそうですね。

 

ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人はあまり見かけませんが、名前だけは本当の名前で登録しているという人もいるでしょう。

 

実際にサイトで知り合い、親密になってくると、更に仲良くなれると思って本名を伝えてしまう事がありますが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。

 

最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。

 

設定によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。

 

スマートフォンをお使いならば、無料の出会い系アプリを使えば、いつでもどこでも出会いを探すことができます。

 

スピーディーな入力ができないと、時間がかかってイライラするものですが、移動中にもやり取りできるのは便利ですよね。

 

細かな違いがありますので、一つ試してあきらめないで、無理なく使えるものを選ぶのがいいでしょう。

 

異業種交流会なども異性との出会いの場になるケースは皆無ではないものの、コミュニケーションスキルがいまいちだと、実際に交際に至るのは至難のわざです。

 

その場で楽しそうに話し込むペアも時間の経過とともに増えてきますが、それを侘しい思いで見ている人のほうが多いのです。

 

勉強で行ってたまたま親しくなるならともかく、異性との出会いを求めているなら、出会い系サイトに登録したり、知り合いのツテや合コンなどをあてにする方が成功率も高いでしょう。

 

自然な出会いを求めてスポーツクラブに入会したものの、仕事続きで全然行けないとか、異性に声をかけてもスタッフが割り込んでくるというのは珍しくありません。

 

運動のために入会して、たまたま理想の相手と巡り会えたのなら良いのですが、恋人が欲しくてスポーツをしようなんていうのは、ガッカリするような結果になって当然でしょう。

 

一緒にスポーツをするような彼氏彼女を見つけたければ、出会いサイトならずっと効率が良いでしょう。

 

婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、出会い系で使う顔写真は容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、写真加工ソフトやアプリで修整をかけて、容姿を軽く整えても大丈夫です。

 

ですが、修整をかけすぎて本人の面影が全く無くなってしまったのでは、本当に会った時にショックを与えてしまい、それまでの関係が壊れることも珍しくありません。

 

自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、素直に会ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。

 

実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、出会い系を活用するならば、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは大変重要であることが分かると思います。

 

多くの人は大丈夫だと思いますが、常に同じ返信しか返ってこないプログラムの不自然さを見分けられなくては、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。

 

また、相手が本物の利用者だとしても、キャッシュバッカーという可能性がある事を忘れないでください。

 

やはり、出会い系サイトを利用していると被害に遭う事もあるようです。

 

よくある事といえば、どれだけやり取りを繰り返しても出会いまで進まないということでしょう。

 

この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別です。

 

出会い系サイトの被害とは、サイトのシステム的に出会えないようになっているものです。

 

具体的には、そもそも女性として登録している利用者がサクラであるとかそもそもメールの相手が人間ではなく機械の自動返答というケースも急激に増えていると聞きます。

 

おまじないで恋を見つけるというのは、意外に効果があるようです。

 

受験の時の御守のようなもので、おまじないがあれば自信がもてるし、ポジティブに物を捉えることができるので、おのずと成功率が高まるのだと思います。

 

これから出会い系サイトを利用するつもりなら、強い幸運と愛情をもたらすようなおまじないをしてみるのも良いかもしれません。

 

もし抵抗感があるなら、運気を高めるパワースポットなどに行ってみることをおすすめします。

 

気持ちの切り替えも大切ですからね。

 

知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金は課金制が主流です。

 

課金制とは、メールやするごとに利用料がかかるということです。

 

サイト運営側としては、やり取りを繰り返してもらえばその分高い利益が出るため、サクラや機械を使ってやり取りをする悪徳な出会い系サイトもあるので、警戒心を忘れず、不審な点があればサイトを退会することをおススメします。

 

また、本当の利用者と知り合えたとしても、お互いの最終的な目的が違っていては、やり取りにかけたお金も無駄になってしまいます。

 

相手の目的が自分と異なっていないかを早い段階で確認するようにしましょう。

 

バーで出会った二人が付き合い始めたと聞くと誰もが憧れるシチュエーションでしょう。

 

ですが、現実では、このようにすんなりと相手と出会えるカップルは滅多にいませんよね。

 

もし本当に、バーに素敵な異性がいたとしても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。

 

こうした場合、出会いの場としておススメするのが出会い系サイトです。

 

出会い系サイトであれば、恋人がほしいけれど、自主的に行動したり話すのが得意ではないという悩みを抱えている方もメールであれば、ご自身のペースに合った相手と出会える可能性があります。